2011年04月26日

堀江貴文さんの上告棄却会見、検察関係の発言

tsudatsuda: 堀江「よくわからないものに対して人々は恐怖を覚える。怖いと思ったら防御をする。だから検察がやってきた。僕がやった未来予測を十分に説明すれば違ったかもしれないが、これは僕が常に抱えているリスク。今後は僕も気をつけたい。具体的には人の縄張りには入っていかないようにする」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「検察制度は単に欧米からコピーしてきたもの。日本の司法制度の根底にあるのは江戸時代以来のお白州にある。お上に逆らってはいけないという基本構造に欧米の司法制度を乗せただけ。無理だと思うがこれを変えないと」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「一番危険なのは取調室に入る前の段階。どう刑事裁判を乗り切るのかというノウハウも広く世の中にPRされ、対策を進めていってもらいたい。あとは検察から独自捜査権限は剥奪すべきだと思う。検察官は人数が少ない。それが多岐にわたる法律を全部網羅して運用できるとは思えない」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「物語には必ず二面性があり、0か1で割り切れるものじゃない。これはゴルフも一緒。バーディーに果てしなく近いパーもあれば、ボギーに近いパーもある。有罪に近い無罪もあれば、無罪に近い有罪もあり、検察はそれを自由に振り分けているだけ」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「もう1つは横並びで同じ報道を続けるのはやめた方がいいんじゃないか。今回の件でわかったことは二面性があるということ。私の主張は無罪だしそれを支持してくれる学者の人もいる。その側面から見ればおかしいが、検察から見れば私は金の亡者に見える。その視点から証拠を探される」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「マスコミについては、検察とメディアは同志になっているんだと思う。それは致し方ない面もある。その仕組みをもっと流動性ある仕組みに変えて新陳代謝をして検察と向き合うような体制を作ればいいんじゃないか」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「会社経営しているときに、ミスをおかしがちなできの悪い部下への対処法を知った。それは5回10回100回くらい連続して言わなければならない。なので僕も検察に対して同じことを言い続ける」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「佐藤優さんや鈴木宗男さんのように勇気ある人が出てきたことで検察の横暴が明らかになった。僕もその人たちのように検察のおかしな部分を伝えていきたい」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「一人一人が情報リテラシーをもって自分で判断しない限りこういう検察の問題は解決しない。今回の原発問題をめぐっても個人の情報リテラシーが低いことが露呈した。一人一人が情報の力を磨いて検察もちゃんとした組織になってほしい。彼らは記者会見の録音録画を未だに認めていない」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「弁護士が発見してくれた書類があったからこそ、この量刑になった。それが発見できなかったらもっと重かったかも。2年4カ月で済んだのはラッキーだったのかも。それでも検察の問題については発言していきたい。検察は政治家ですら怖がっている」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「検察に対して皆さん厳しい目を向けてもらいたい。彼らには強制捜査権がある。これは人のプライベートをすべて調べて都合が良いように解釈してストーリーを作れるし、それを隠すこともできる。こちらが調べてもピンポイントで『この書類くれ』と言わないと出してくれない」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「皆さんに言いたいことは、検察の無謬性を信じないで欲しいということ。三権分立という仕組みから分離している検察の怖さを知ってもらいたい」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「恥ずかしながら自分も、捕まるまでは検察に対しての具体的な知識がなかった。捕まってから僕も勉強して、日本でも有数の検察マニアになったと思う。調べれば調べるほど検察の仕組みはこわい。怖いのは検察とツーカーの記者ではなく、正義感で検察に厳しい目を向けている記者の人」 #fpaj
tsudatsuda: 岩上「堀江さんの事件が起きた当時検察の無謬性は国民の間で疑われていなかったがこの数年で検察の捜査の不当性が明るみに出る事件が起きてきた。世の移りゆきを見ながらどこに検察に問題があったのか。今の検察改革や検察と一体化している記者クラブに問題はないか。そのあたりの思いは」 #fpaj
tsudatsuda: 堀江「こんなことをして株式市場はズタズタになり、個人投資家は株式市場から離れていった。こんなことをして誰の得になるのか。我々を潰すことで経済に影響があることも検察は予想していただろうが、それでもやられた。これからは我々のような事例は作らないで欲しい」 #fpaj
powered by ツイポーート/twport

 Twitter活用の第一人者津田大介さんが会見内容をツイートしたみたいです。全体は次にまとめてありましたが、沢山すぎるので「検察」をキーワードに、ツイポーートを使いました。

URL:Togetter - 「堀江貴文氏緊急記者会見 主催​:自由報道協会 @tsuda さんのツイート」  http://togetter.com/li/128371

 ご本人の検察をキーワードに含むツイートは2011年4月26日23時16分時点で1件だけみたいです。
takapon_jptakapon_jp: RT @uesugitakashi: 故意なう。(・_・) @takapon_jp RT @amneris84: にゃんと、自由報道協会の堀江貴文さんの記者会見と同じ時刻に、最高検が記者会見ですって。テーマは検察改革について。う〜、タカポン、ごめんm(_ _)m
powered by ツイポーート/twport

 なお、ツイポーートに関しては次のような制限があるようです。

注意事項
Twitter SearchのAPIに依存していますので色々制限があります。
最大1500postまでしか結果を取得できないようです。
検索結果は1ヶ月分くらいしか取得できないようです。
posted by 再審請求(廣野秀樹) at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット上の参考情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック